離職率が高い会社の特徴

小川:多くの会社が事業開発になかなか進展が見られないと思うのですが、それはどうしてですか?

石山:その事業を立ち上げようとしている人に魂がないからだと思っています。

小川:魂ですか?

石山:言い方を変えると「本気度」なんですけど、経営者の場合、本気だから自分の思いがあって会社をつくることが多いと思うんですけれども、会社の中で新規事業を立ち上げる人はリスクを負っていないんですよ。給料をもらっている状態で安全な所にいながら「こんなことができたらな」という計算を含めてやることが多いので、その分、創業者に比べて覚悟が浅いんですよね。覚悟の浅い人が他の人に協力を求めに行ったときに、それはやっぱり見透かされているので得られる協力の量と質が変わってくるんです。

逆に、大企業でも本気でこれを何とかしたいと思って魂を込めてやる場合、言わなくても周りに伝わっているので、その思いがピュアであるほど、社会のためになっているなと思うほど、応援者や協力者がどんどん集まってくるんですよね。あの人はいいことをやっているから応援しよう、そういう人はやっぱり成功していくし、その思いに共感するので皆が協力してくれるんです。なので、究極は「本気度」。魂が込められているかどうかかなと感じます。

小川:ある程度やる人を揃えれば、新規事業は進んでいくということですね?

石山:そう思いますね。森ビルの幹部の人もその会社にある意志の数を数えていたんですよね。社員数ではなくて、その中で意志を持って自ら組織を動かしている侍は何人いるかっていうのを、その方はカウントしていたんですね。「御社には、侍が◯人いますね」という言い方をされていたんですけど、そういう人が自分の意志で周りを巻き込んで動かしているというのを見ている人は見ているなと思います。

小川:なるほど。侍の話は相当興味深いですね!ちなみに、魂以外の原因はありますか?

石山:1つ目が自分の魂が本気かどうか、2つ目が他人の協力が得られるかどうか、3つ目がリソースが足りているかどうかかなと思ったんですよ。事業が進まないときはリソースが足りないことが多いんですよね。予算やお金がない、人員がいない、時間がない、何かがないんですよ。リソースがないというのは、結局協力が得られていないんです。何で協力が得られないんだろうと原因を突き詰めると、その中心にいる人間の本気度だったりするんですよね。3つと言いながら、結局は魂が込められているのかというところに集約していきます

小川:多くの会社が事業開発になかなか進展が見られないと思うのですが、それはどうしてですか?

石山:その事業を立ち上げようとしている人に魂がないからだと思っています。

小川:魂ですか?

石山:言い方を変えると「本気度」なんですけど、経営者の場合、本気だから自分の思いがあって会社をつくることが多いと思うんですけれども、会社の中で新規事業を立ち上げる人はリスクを負っていないんですよ。給料をもらっている状態で安全な所にいながら「こんなことができたらな」という計算を含めてやることが多いので、その分、創業者に比べて覚悟が浅いんですよね。覚悟の浅い人が他の人に協力を求めに行ったときに、それはやっぱり見透かされているので得られる協力の量と質が変わってくるんです。

逆に、大企業でも本気でこれを何とかしたいと思って魂を込めてやる場合、言わなくても周りに伝わっているので、その思いがピュアであるほど、社会のためになっているなと思うほど、応援者や協力者がどんどん集まってくるんですよね。あの人はいいことをやっているから応援しよう、そういう人はやっぱり成功していくし、その思いに共感するので皆が協力してくれるんです。なので、究極は「本気度」。魂が込められているかどうかかなと感じます。

小川:ある程度やる人を揃えれば、新規事業は進んでいくということですね?

石山:そう思いますね。森ビルの幹部の人もその会社にある意志の数を数えていたんですよね。社員数ではなくて、その中で意志を持って自ら組織を動かしている侍は何人いるかっていうのを、その方はカウントしていたんですね。「御社には、侍が◯人いますね」という言い方をされていたんですけど、そういう人が自分の意志で周りを巻き込んで動かしているというのを見ている人は見ているなと思います。

小川:なるほど。侍の話は相当興味深いですね!ちなみに、魂以外の原因はありますか?

石山:1つ目が自分の魂が本気かどうか、2つ目が他人の協力が得られるかどうか、3つ目がリソースが足りているかどうかかなと思ったんですよ。事業が進まないときはリソースが足りないことが多いんですよね。予算やお金がない、人員がいない、時間がない、何かがないんですよ。リソースがないというのは、結局協力が得られていないんです。何で協力が得られないんだろうと原因を突き詰めると、その中心にいる人間の本気度だったりするんですよね。3つと言いながら、結局は魂が込められているのかというところに集約していきます

新着記事をお知らせします
>組織デザインを相談する

組織デザインを相談する

ライブドアのメディア事業をゼロから立ち上げた経験(6名→600名)のある石山喜章が、御社の組織づくりに関する課題を解決します。成長企業に必要な「理念・バリューの再構築」、「評価制度の設計」、「幹部人材の育成」など、業績の上がる組織を創りたい経営者の方はご相談ください。

CTR IMG