常識という判断基準はどのようにつくられるのか

常識や法律も「判断基準のピラミッド」の一部

 人間関係の問題を解決するときに、個別の事例ごとに解決策を検討していては時間も手間もかかってしまいますが、「人間共通のポイント」が理解できると、どのような相手に対しても、どんな問題に対しても、毎回たった1つのイメージで解決できるようになるので、頭の中がどんどんシンプルになっていきます。

 そのなかでも私たちが日ごろから当たり前と思っている「常識」という要素は、自分や周りの観点の固定から自由になるためには明確にしておきたい要素です。日本人の潜在意識にありながら曖昧な常識は、どのようにしてつくられているのでしょうか。

 それを6段階に分けて、見ていきましょう。

判断基準のピラミッド

 まず、はじめに人間は自分が認識した存在に名前をつけ、その用途、機能、目的、意味を規定しています(存在論・認識論)。そして存在AとBを比較してから、自分との関係性で価値を決めます。

 もしコップであれば、飲み物を入れる器ととらえ、ワイングラスとコーヒーカップ比較して、ワイングラスは1200円、コーヒーカップは800円などと価値を規定していきます。

 やがて、「バカラのワイングラスは高級なワインを飲むときに使うもの」「湯呑にコーヒーを入れてお客様の前に出すべきではない」「ワイングラスにカレーを盛るなんて、とてもじゃないけど信じられない」といった「××だったら〇〇すべき」という因果論を展開するようになります。これが常識のベースとなります。

 この「~して当然」という常識がさらに強化されると、それはやがて法律や道徳・秩序となり、その約束を破ると冷たい目で見られる、罰金を科せられるなど、より強い判断基準となって人生に影響を与えるようになります。

 この〇×判断基準の最終進化系である法律や条例、罰則は毎年のように増え続け、ほとんど減ることがありません。企業でも、「残業を月50時間以上はしてはいけない」「自宅にパソコンを持って帰ってはいけない」といったルールが増える一方です。

 この「判断基準のピラミッド」は、より多くの人がその規定や約束、因果論を支持することで上の階層へと進化します。

 今ではストーカー規制法がありますが、最初にその名前がメディアなどで報道、認知され、やがて「ストーカーはすべき行為でない」というお約束が世間の常識となり、支持を集めだしてからは「ひどいストーカー行為をする人を規制し、罰すべきだ」という因果論が正当化され、やがて法案になりました。

 このように常識が生まれる背景を理解することは、自分と相手の潜在意識を見る際にカギとなります。生まれ育った時代と国などによって、個人の常識がつくられます。「当たり前」だと思い込んでいた「常識」も、決して絶対ではないのです。

 そして「当たり前」や「常識」が変化を起こすと、私たちの実生活にも大きく影響を与えています。具体的な事例を通して解説しましょう。

 たとえば、女性の社会進出。我が国は先進諸国と比べるとまだまだですが総合職や管理職につく女性の割合は増加傾向にあります。

 逆に昭和、バブル崩壊前の日本の社会常識としては「女性は家庭を守る」ことが求められていました。結婚すれば寿退社、あるいは出産したら退職を選択していた女性が多かったのです。
 
さて、ではなぜ「女性は家庭を守るべき」という因果論になったのでしょうか?原始の時代を思い浮かべてください。食料は狩りを行ってでないと獲得することができないとします。身重な妊婦さんに狩りはできませんよね?そうなると自然に「男性は外で獲物をとってくる」「女性は家庭、子どもを守る」という役割分担が進みます。農耕社会であっても同様、身重な女性に重労働を強いるとこはできません。そのような背景から整理すると

① 「男性は外で収入を作り、家に届ける」「女性は子どもを育て、家を守る」(約束体系)
② 「男性は家事・育児を担うべきでない」「女性は結婚したら退社すべき」(因果論)
③ 「夫を支え、家庭を守る女性」を〇とし、内助の功を美徳とする(道徳、倫理、秩序)

以上のようになります。①が支持され、強化されると②となり、③が最終形態とでもいうべき状態です。その結果、会社や社会において男性優先、総合職採用においても男性しかいない、というような状況になっていきました。

しかし、こういった背景は社会情勢の変化に大きく影響を受けます。

 特に我が国においては、1970年代から男女の雇用機会を均等にするべきという先進諸国の働きかけもあり保育所等の育児基盤や企業の育児休業制度の充実などが進み、働きながらでも子育てができる環境が整備されてきました。また、バブル崩壊後は平均給与の低下などを受けて共働き世代が増加。労働人口も1992年をピークに減少に転じ、女性の社会進出が喫緊の課題となりました。その結果

① 男性だろうが女性だろうが社会に出て働く(約束体系)
② 「男性であろうと育児・家事を担うべき」(因果論)
③ 女子差別撤廃条約、男女雇用機会均等法(法律)

その結果、総合職の女性の割合や出産後も育休明けには仕事に復帰するワーキングママの増加といった状況が生まれました。

 このように、常識を支える背景や社会情勢が変化していくと、私たちの実生活に大きな影響を与えていくのです。

もう一つ、事例を見てみましょう。

 「ベーシックインカム」という言葉をご存じでしょうか?現行の社会保障を一元化して定額支給する、といった考え方です。額によっては労働を必ずとも必要としない可能性があります。必ずしも労働しなくともよくなる、という概念です。

 しかし私たちは、働かなければならないと考えています。働いて納税することを前提にこの社会システムが成り立っています。

わたしたちの「働かざるもの食うべからず」的な価値観、そしてその仕組みはどのように生まれていったのでしょうか?西洋史から紐解いて解説していきます。

 そもそも労働を尊ぶ考え方は、キリスト教プロテスタントの流れからきています。プロテスタントをはじめとした宗教改革は、贖宥状をきっかけとしたキリスト教会の堕落に対する批判からスタートしています。贖宥状とは、金銭と引き換えに天国に行ける、現世の罪を許すという紙切れでした。そんな紙切れを販売することによって多額の儲けを得ていた教会に反発して各地で宗教改革が行われました。そのような背景から、堕落を嫌い、勤勉に働くべき、という価値観が生まれていき、商人など一般庶民に強力に支持されていきました。整理すると

① 「人間は勤勉に働き、対価を得るもの」(約束体系)
② 「勤勉に働いた人間は、それ相応の対価ももらうべき」「怠け者は解雇すべき」(因果論)
③ プロテスタンティズム、資本主義、近代国家の基盤(法律、道徳、学問、理論)

以上のように、現代のわたしたちの労働への価値観、常識に結びついていきます。

 しかし、ベーシックインカムは労働しなくてもお金が得られる仕組みです。真逆の概念と言えます。この背景にはどういった背景、情勢の変化があるのでしょうか?

 一つには、AIの発達によって、ロボットができる仕事が増えていき、人間の仕事が減るのではないか?と言われるようになりました。人間が働かなくても、社会を維持できてしまうという可能性が生じたのです。また、年々増大する社会保障費の問題もあります。それらをまとめると

① 人間は必ずしも働かなくてもよい。(約束体系)
② 「人間にしかできない労働を行うべき」「AIができる仕事は人間が行うべきではない」(因果論)
③ ベーシックインカムの法整備(法律)

このように、私たちが現在当たり前だと思っている常識や価値観も、背景や社会情勢に大きく左右されます。状況が変化しているのにも関わらず、そういった常識や価値観に固定されたままでは「時代遅れ」「時代に取り残された人」と烙印を押され、淘汰されていってしまうのです。

 改めまして、冒頭に戻ります。

人間関係の問題を解決する際に、「人間共通のポイント」が理解できると、どんな相手に対しても、どのような問題に対しても、毎回たった1つのイメージで解決できるようになるので、頭のなかがどんどんシンプルになっていきます。 

 なかでもわたしたちが日ごろから当たり前と思っている「常識」という要素は、自分や周りの観点の固定から自由になるためには明確にしておきたい要素です。

 あなたは、これからも自分の常識を当たり前だと思い込み、観点が固定された状態で日々を過ごしていきますか?

 それとも、常識が生まれた背景をも理解し、自分の観点から自由になって多様な価値観と共存していく日々を選びますか?

新着記事をお知らせします
>組織デザインを相談する

組織デザインを相談する

ライブドアのメディア事業をゼロから立ち上げた経験(6名→600名)のある石山喜章が、御社の組織づくりに関する課題を解決します。成長企業に必要な「理念・バリューの再構築」、「評価制度の設計」、「幹部人材の育成」など、業績の上がる組織を創りたい経営者の方はご相談ください。

CTR IMG